鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎にハナノアシャワーでの鼻うがいの効果は?レビュー(評価)、感想、使用感

私は上咽頭炎による後鼻漏を患っています。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏には鼻うがいがいいということで、以前、ハナクリーンSという容器で鼻うがいをしたことがあります。
効果はほとんどありませんでした。

今回は、ハナクリーンSより少し安い、ハナノアシャワーという鼻うがい容器で鼻うがいをしてみました。
結論から言うと、今回も効果はほとんどありませんでした。

効果なし


以前持っていたハナクリーンSには、鼻うがい用の液体を作るためのサーレという粉末や、生理食塩水などを入れて、何度も鼻うがいをしてきました。
なんとなくわかっていましたが、ハナノアシャワーでの鼻うがいも、やはり効果はありませんでした。
炎症が改善された感じもしません。

ハナノアシャワーは上を向いてやるタイプの鼻うがい容器ではなく、正面を向いてやるタイプです。
なので、上咽頭まで液が届きませんでした。

少しはすっきりしますし、容器がシンプルで、液も自分で作る必要がなくて楽なのはいいと思います。
ハナクリーンSは無駄に大きく、容器が少し入り組んでいて不衛生な感じがしました。
ハナノアシャワーのシンプルで小さめの容器は衛生的でいいです。

他の鼻うがいの記事でも書いていますが、鼻うがいに使う水は、水道水ではなく精製水などにしてください。
水道水で鼻うがいをすると、感染や脳炎を起こすことがあるらしく危険です。

水道水を使う場合はしっかりと沸騰させ、常温まで冷ましてから使ってください。

上咽頭までしっかり洗うには通常のハナノア

そもそも、このハナノアシャワーというのは、鼻の奥まで洗うことは想定されていないようです。
鼻うがいに慣れていない人が、正面を向いたままで鼻の中だけを洗うためのもののようです。

通常のハナノアのほうは、軽く上を向いて、鼻の奥、上咽頭までしっかり洗えるように作られているようです。

しかし、ハナノアシャワーでも、中のノズルを取り外せば上を向いても液が出るので、結局どちらでもいいかもしれません。

ハナノア容器の容量は20ml、ハナノアシャワーの容器の容量は50mlです。
しっかり洗いたい人は、容量の多いハナノアシャワーのほうがいいかもしれません。
ハナノアシャワーの容量50mlは目安で、実際はさらに倍くらい入ります。

まとめ

やはり鼻うがいは、あまり効果を感じません。
むしろ、やった後は後鼻漏がひどくなる感じすらあります。

鼻に入った水を全部出したつもりでも、あとで出てくることもあります。
外出前などに鼻うがいをすると、外出先で恥をかくことになります。

上咽頭炎を治したい場合、鼻うがいではなくセルフBスポット治療で、上咽頭炎にしっかりと塩化亜鉛水溶液などを塗りつけるほうが確率です。

セルフBスポット治療(塩化亜鉛療法)の方法と効果は?痛い?【上咽頭炎、後鼻漏、鼻炎】
5年前から患っている上咽頭炎、後鼻漏を完治させるため、今まで様々な治療法を試してきました。 病院でのBスポット治療や、自宅でリステリンやル...

アレルギー性鼻炎や花粉症の場合は、アストリンゴゾールやリステリンで鼻うがいをしてもほとんど意味がないどころか、嗅覚障害の危険性があるのでおすすめしません。

アストリンゴゾールで鼻うがいは危険?嗅覚障害になる危険性?
以前、アストリンゴゾールという海外のうがい薬を用いたセルフBスポット治療の方法を紹介しました。 アストリンゴゾールには、上咽頭炎...