鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎 口臭に舌磨きの効果は?ましになる?逆に舌苔が悪化する?

鼻炎上咽頭炎によって後鼻漏の症状が出ていると、喉に流れた鼻水が舌に付き、舌苔になります。

以前、舌苔は舌磨きブラシなどで無理に除去する必要はない、と書きましたが、必要最低限なら、むしろちゃんととったほうがいいようです。
特に後鼻漏の人は、舌の奥のほうに鼻水が触れ、舌苔がひどい場合が多いです。

この記事では、鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎、口臭に舌磨きの効果はあるのかどうかについて書いていきます。

舌磨きをすると後鼻漏がましになる?

舌磨きをすると、少なくとも口臭は若干~ある程度ましになるはずです。
口臭の元となっている、悪玉菌、雑菌である舌苔が除去されると、匂いは軽減されます。

舌磨きをすることで後鼻漏がましになるかどうかは不明です。
私自身は、寝る前に舌磨きをすることで、その後喉に流れている鼻水の量が減っている気はします。

舌の奥の舌苔が除去され、細菌が減ることで、鼻炎や上咽頭炎の炎症もましになるのでしょうか。
舌苔の細菌が上咽頭にまわり、さらに上咽頭炎を悪化させるという悪循環に陥る可能性があると、以前きいたことがあります。

プラシーボ効果かもしれませんが、少なくとも口臭には効果があるので、正しいやり方であれば舌磨きはすべきだと思います。

舌の奥から前に向かって1~2回だけこする

舌磨きは、本当に軽く行うだけで十分です。
私は専用ブラシを買ったり持ち歩くのは面倒なので、普段使っている歯ブラシで代用しています。
歯ブラシは、歯茎や歯のエナメル質のことを考えて、かなりやわらかめを使っているので、舌磨きに使っても問題ないはずです。

舌の磨き方としては、下の一番奥の、最も舌苔がひどい場所から、舌の中間あたりに向かって、1~2回こするだけです。
歯ブラシは横にしてこすります。

それだけで、舌苔が浮き上がり、除去できます。
蛇口から水を流し、舌の奥に水をかけながら行っても効率的です。

終わったら、歯ブラシは石鹸で軽く洗います。

舌苔はとりすぎてもだめなので、1~2回こするのがベストだと思います。
舌磨きは、強い力で何回も動かすと、数時間後か翌日あたりにさらにひどくなることがあるので注意してください。

舌磨きをしても舌が青白い場合は、冷え性(陰性体質)によるものなので、体質改善をしないと舌の色は変わりません。

アレルギー性鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎は冷え性(陰性体質)が原因?
上咽頭炎、後鼻漏、アレルギー性鼻炎の原因は色々考えられますが、その中に冷え性があります。 東洋医学で言うところの陰性体質です。 逆が...

歯ブラシだと刺激が強い場合は、舌ブラシを使ってください。

まとめ

私は外出前や寝る前に、歯磨きが終わったあとに舌磨きをしています。
1~2回こするだけなので一瞬ですし、口の中がすっきりし、上述のように後鼻漏がましになった気もします。

冷え性(陰性体質)を改善すれば、何もしなくても舌苔はあまりつかないそうですが、体質改善には時間を要します。
とりあえず対症療法として舌苔をとって口臭を軽減するには、舌磨きは行ったほうが良いかと思います。

最終的には、食生活や運動で体質改善をして、鼻炎や上咽頭炎や後鼻漏を根本から治すことをおすすめします。

鼻炎 上咽頭炎 後鼻漏電 口臭の治し方(症状 原因 治療法) 体質改善編 サプリ 漢方 薬 冷え性改善 運動など
後鼻漏とは、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れ、口の中や胃が気持ち悪くなる症状です。 後鼻漏によって舌苔がついたり、口臭が発生したりします。...