鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎は水分取りすぎで悪化する?逆に口が乾燥する?

夏になり、後鼻漏がましになるかと思いきや、あまりましにはなっていません。

相変わらず鼻水が喉に流れてうっとうしいので、水分を多めに取るという方法を試してみました。

水を飲めば粘度が下がる?それとも水毒になる?

後鼻漏とは、何らかの理由で、通常はさらさらであるはずの、喉に流れる鼻水が、粘度が高くなって不快に感じる、という状態です。
その原因は、人によってはアレルギー性鼻炎だったり、上咽頭炎だったり、蓄膿症だったりします。

検索すると、とりあえず粘度を下げたいならば、水をたくさん飲んでみよう、という情報が出てきました。

しかし、上咽頭炎や後鼻漏だからということに限らず、水分というのは取れば取るほどいい、というわけではないようです。
東洋医学では水毒という概念があり、水分を無駄に多く摂取すると害があると言われています。

上咽頭炎や後鼻漏も、胃に溜まった無駄な水分が、上咽頭を通じて排出されるせいで喉に流れる、という説さえあるようです。
なので、上咽頭炎や後鼻漏の人が水分を取りすぎるのは逆効果、という可能性があります。

口の中の油分がなくなった

それでも、夏場で喉が渇くし、喉の裏に張り付いた鼻水がうっとうしいので、500mlペットボトルに常温の生水を入れて、多めに飲むようにしてみました。
水を飲んだ瞬間は喉の裏の鼻水が洗い流されてすっきりしますが、すぐに元に戻りました。

そして、一日を通して症状がましになったような感じはまだありません。
悪化した感じもありません。

口の中が乾燥してるような感じはなくなって心地いいですが、代わりに油分(?)がなくなっている感じがしました

鼻炎や後鼻漏は水分の取りすぎで悪化する!

水を多めに飲む習慣を続けることで、胃に無駄な水分が溜まって上咽頭炎や後鼻漏がひどくなるのか、それとも、喉に流れる鼻水の粘度が下がって不快感がましになるのか。
飲んだ直後は、口の中の気持ち悪さが結構長い時間ましになっている感じはします。

結論としては、鼻炎や後鼻漏は水分の取りすぎで悪化すると言って良いようです。

昨日の夜、人と部屋で長時間話しているときに、1Lくらいの常温の水を飲んでいたですが、明らかに症状が悪化しました。
飲んだ直後はすっきりするのですが、それは一瞬で元に戻り、少ししてから後鼻漏が悪化しだします。

翌日、舌を見てみますと白い舌苔がついていました。
調べると、これは水毒による舌苔である可能性が高いようです。

まとめ

過剰に水分を取ることで、体に無駄な水分が溜まり、結局、上咽頭炎や後鼻漏もよくならず、舌苔などのさまざまな問題も出てきます。

本当に飲みたいときは飲むべきですが、上咽頭炎や後鼻漏を改善させるために無理やり飲んでも、効果がないどころか悪化することさえあるので注意したほうがよさそうです。
特に冷たい水は体や内臓を冷やし、後鼻漏を悪化させるようなので、できれば温かい白湯を飲みましょう。

次の記事

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎と水毒症状の関係 冷たい水やジュースの飲み過ぎで悪化する?
以前、水を多く取れば上咽頭炎・後鼻漏は改善するのかという実験をしましたが、逆効果でした。 その後、鼻炎や後鼻漏には、冷え症、陰性...