体は素手で洗うべき!体臭抑制、あせも防止のために

数年前、ナイロンタオルで体を強く洗いすぎたせいで、陰部があせもになりました。

インキンタムシかと思ったらあせも!タムシチンキの激痛!痛い!しみる!
3,4年前、陰部の包皮がインキンタムシになりました。 と思ったら、実はあせもでした。 原因はおそらく、ナイロンタオルでゴシゴシと強く...

それからというもの、風呂で身体を洗うときは、ナイロンタオルなどは使わず、ボディーソープを手につけ、素手で洗っています。
結局それが一番肌によく、体臭を抑制できたりするそうです。

体を素手で洗っている人は35%もいる

このようなアンケートがありました。

Q.お風呂で身体を洗うとき、あなたはどっち?
ボディタオル派 64.7%
手洗い派 35.3%
今日は体を洗う方法と、
美肌そして汚れの落ち方についてまとめてみました!
出典:マイナビウーマンHP

22~34歳の働く女性249人に行ったアンケートとのことです。
意外と、体を素手で洗っている人は多いですね。

タオルで体を洗う事のメリットとデメリット

まず、タオルで体を洗うことのメリットは、汚れがよく落ちることと、ゴシゴシ洗えて気持ちのいいことです。

デメリットは、肌への刺激が強すぎる点。
ボディタオルといっても色々ありますが、ナイロンタオルだけは厳禁です。
あまりにも刺激が強すぎ、肌が目に見えない程度の傷でかさぶただらけになり、皮脂も落ちすぎ、あせもやかぶれを引き起こします。

ナイロンタオル黒皮症と言って、ナイロンタオルを長年使い続けると、体質に寄っては肌が黒くなったりします。
私はナイロンタオルでゴシゴシと体を洗いすぎてあせもになり、苦しんだので、ナイロンタオルだけはおすすめしません。

綿のタオルなどなら、まだ大丈夫だと思います。

体を素手で洗うことのメリットとデメリット

体を素手で洗うことのメリットは、肌への負担の低さです。
実際にボディーソープや固形石鹸を使って、体を素手で洗ってみるとわかりますが、少し物足りないくらい刺激がないです。
しかしそのおかげで、皮膚に負担をかけることもなく、炎症を起こすこともなく、体をあらえます。

デメリットは、背中まで洗えなかったり、気持ちよさがあまりない点でしょうか。
後者に関しては、慣れてしまえば気になりません。
前者に関しては、背中を洗うときだけ綿製のボディタオルを使うという手もあります。
自分の場合は、手を後ろまで回して洗っています。

体を素手で洗って、ちゃんと汚れは落ちるのかという不安があると思いますが、しっかり落ちるようです。
現に、手を洗う時は素手で洗いますよね。
それと同じように、腕や体や足なども、素手で洗うだけで十分汚れは落ちるようです。

まとめ

陰部があせもになって苦しんでから、体は素手で洗うようにしています。
刺激のなさも、慣れれば気になりません。
自分の場合ボディタオルで洗うより、時短できています。

ちなみにボディーソープではなく固形石鹸で洗っていますが、全く問題ありません。

体を素手で洗うと肌に優しく、皮膚の炎症やかゆみとおさらばできるので、おすすめです。