坊主頭(丸刈り)は楽ではない?手入れが実はめんどくさい!似合う人は意外と少ない

しばらく休みをもらえたので、髪型をどういじっても周りに変な目で見られないため、髪を短くしてみました。

この記事では、坊主というヘアスタイルは見た目よりも手入れが楽ではないということや、手入れのめんどくささなどについて書いていきます。

髪の毛は自分で切る「セルフカット」

私は小学五年生の頃から、自分の髪の毛は自分で切っています。
髪を切るくらいで床屋や美容室に行ってお金を払うのが勿体無いという価値観ですし、従業員とのコミュニケーションがわずらわしく感じます。
なにより、床屋や美容室だと、完全に自分好みの髪型にしてもらえないのがつらいです。

その点、セルフカットはバリカンを買ってしまえばあとはお金はかかりませんし、自分のタイミングで自分の好きな髪型(技術次第ですが)にできるのがいいです。

長髪は坊主より手入れがめんどくさい?

私の髪の毛はここ数年、普通~長めでした。

ここ最近は髪を切るのがめんどくさかったのと、
「長髪のが似合う」
という思いから、前髪は口に入るくらい長くしていました。

しかしそうするとまず、シャンプー&ドライヤーに時間がかかります。
そして私の場合、髪が長いと外出前にヘアアイロンでのセットが必須になるのでそれも時間をとられます。

髪が長いと抜けやすくなるのか、部屋に髪の毛が散らばります

さらに、前髪が目に入るのが気になったりして、煩わしいことが多かったです。

バリカンのアタッチメント5cmでセルフカット

それで今回、長髪に嫌気が差し、坊主より少し長いくらいの髪型にするため、マンションの風呂場でバリカンで切りました。
バリカンのアタッチメントを使って5cmで髪の毛全体を刈りました。

しかし5cmだと対して短くなく、もっと短いほうが楽だと思い4cmにし、これはおかしい、と思い、2cmで全部刈ると、結局坊主になりました。
坊主には一分刈り、三分刈り、五分刈りなどmm単位で色々あるようです。
2cmは坊主の内に入らないかもしれないが、見た目的には坊主だと思います。

坊主頭は実は楽ではない!デメリットがかなり多い

私は10代後半の頃にも坊主頭にしていました。
5mm~2cmくらいの短さで、一年くらいしていたと思います

坊主頭と言えば一般的には手入れが楽な髪型だと思われがちですが、今回2cmの坊主頭にしてみて全然そうではないことに気づきました。

坊主をセルフカットでバリカンで刈るのはめんどくさい

まず、2cm程度の坊主だと、自分で刈る時に結構めんどくさいものです。
前、横、後ろという基本的な部分も、切れ味の悪いバリカンだと何度も何度も往復させないといけなくなります。

特に問題になるのはもみあげ耳の上襟足です。

もみあげは同じ2cmのアタッチメントで刈ると、ちょろっと残っておかしくります。
なので、3mmとかのアタッチメントでうまくグラデーションして刈らないといけません。

耳の上も、なぜかちょろっとした髪が残るので、そこはハサミで切らないといけません。

襟足も同様に、3mmで慎重に刈り上げるのですが、黒い産毛が目立つので、その部分は剃刀でそらなければいけません。

セルフカットで坊主にする場合ここまでしないといけないということに、やってみて気づきました。

私がいつもやっていた7cmのアタッチメントで全体をすく、というシンプルなやり方だと、ここまでする必要はないので楽でした。
たsだ、そうすると俗に言うツーブロックだとか、名前の付いたかっこいい髪型にはできません。

最も手間がかかるのは、セルフカットでかっこいい髪型にすることかもしれません。

セルフカットで楽な順は、
全体をすくだけの長髪>3~5cmの坊主>おしゃれな髪型
という感じでしょうか。

坊主は寝癖やヘッドホンの型がつく!

「坊主にすると髪をセットせずにすぐに外出できるから楽」
という意見がありますが、実際にやってみると必ずしもそうではないことに気づきます。

1cm以上の坊主だと普通に寝癖がつくし、ヘッドホンをつけると型がついてださくなります。
1cm未満のかなり短い坊主なら大丈夫だと思いますが。

ただ、寝癖がついても、洗面所で服を脱がずに頭を洗えるので、その点では楽かもしれません。
ドライヤーで乾かすのもすぐです。

坊主が似合う人は少ない!日本人の場合、イケメン以外はお坊さんに見える

私は今回、2cmの坊主にして本当に後悔しました。

10代後半の頃は坊主頭が似合っていた気がしましたが、20代になった今、私は坊主が似合わないということに気がつきました。
2cmの坊主でこれなので、1cm未満の坊主だと本当に悲惨になりそうです。

日本人の場合、イケメンじゃない人間が坊主にしても似合わないと思います。
お坊さんみたいに見えるといいますか。

特に、坊主頭でメガネを掛けていると、特にお坊さんに見えます。

上に書き忘れましたが、坊主は夏は暑く冬は寒くて帽子が必要にもなったりするので、やはりデメリットが多いです。
結局のところ、坊主頭にメリットはそう多くはないので
「自分は坊主が似合う」
「おしゃれに見える」
という自負がある人のみ坊主にした方がいいかと思います。

まとめ

私はいろいろ試した結果、バリカンを使ったセルフカットで全体をすくのが一番似合うようです。
その髪型に名前はついていないと思いますが、まさに普通の髪型という感じになります。

私はそもそも、髪型でおしゃれをしようという気持ちがあまりないようです。
伸びたら整えないといけないし、そういったところにお金や労力を割くのがわずらわしいと感じます。

この記事が、坊主頭にしようか迷っている人や、セルフカットをしようか迷っている人の役に立てば幸いです。

次の記事

生え際が生まれつきM字ハゲ?油性マジック(マッキー)で誤魔化す方法
この記事で、坊主と長髪のメリットやデメリットについて書きました。 どうも短髪が似合わないなと思い、色々調べてやっと気づいたのです...