鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎が暖かい時期(春~夏場)にましになる理由は?

~冬場にかけての寒い時期に、アレルギー性鼻炎上咽頭炎後鼻漏などの、喉や鼻の病気が悪化する理由を書きました。

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎が寒い時期(秋~冬場)に悪化する理由(原因)は?乾燥や陰性体質など
秋~冬場にかけての寒い時期は、アレルギー性鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏など、喉や鼻の病気が悪化します。 それはなぜなのでしょうか? この記...

逆に暖かい時期((花粉症を除く)~夏場)には、鼻炎や後鼻漏がましになる、と言う人が多いです。
私自身もそうですし、同じく後鼻漏である私の母や従姉弟もそう言っています。

この記事では、鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎が暖かい時期(春~夏場)にましになる理由について書いていきます。
基本的にはすべて、冬場の逆です。

体が温まる(陽性体質になる)

暖かい時期は、気温が高く、当然体も温かくなります。
体が温かい状態(陽性体質)だと、血行がよくなります。
血行が良くなると、鼻、喉、口の粘膜の血流もスムーズになります。
すると粘膜が潤い、免疫力が上がり、炎症がましになります。

粘膜が潤ったり、温度が上がることで雑菌やウィルスの繁殖も減ります。

水分代謝が良くなる(汗をよくかく)

暖かい時期や暑い時期は、汗をよくかくため、水分代謝がよくなります。
体で余った水分が、ちゃんと汗として排出されるため、手足がむくんだり、鼻炎の鼻水や上咽頭炎の後鼻漏として排出する割合が下がります。
ただし、暑くてのどが渇いたからといって、冷水やジュースやお酒をがぶ飲みすると、汗での水分排出が追いつかず、後鼻漏や手足のむくみがひどくなったりします。

水分代謝が良くないと鼻炎や後鼻漏は改善しない?水分不足くらいがちょうどいい?
鼻炎や上咽頭炎になると鼻水が出ますが、これは、体(特に胃腸)で余った水分が、鼻腔や上咽頭から排出されている、という捉え方があります。 汗や...

ちなみに夏場でも、冷たい飲み物を飲みすぎると内臓を冷やし、体全体に様々なデメリットをもたらします。

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎と水毒症状の関係 冷たい水やジュースの飲み過ぎで悪化する?
以前、水を多く取れば上咽頭炎・後鼻漏は改善するのかという実験をしましたが、逆効果でした。 その後、鼻炎や後鼻漏には、冷え症、陰性...

空気が湿る

暖かい時期は空気が湿っている事が多いです。
空気が湿っていると、鼻から吸い込む空気も湿度の高いものになり、粘膜には優しいです。
湿度の高い空気中は雑菌やウィルスも繁殖しづらいので、風邪やインフルエンザになることも少なくなります。

毛布を必要としない

暖かい時期は、毛布というハウスダストを溜め込みやすい暖房器具を必要としません。
そのため、アレルギー性鼻炎の悪化を避けることができます。

ただしクーラーのためにエアコンは使うので、それはアレルギー性鼻炎や粘膜にとって悪影響です。
扇風機も、直に浴びると粘膜が乾燥します。

まとめ

暖かい時期は、どれだけ陰性体質の人でも多少陽性体質になるようです。
その他の理由も相まって、鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏がましになる傾向があります。

なので、夏場は多少お酒やジュースなどを飲んでも、冷え性や水毒は悪化しづらい気がします。
それでも、水分のとりすぎや体の冷やし過ぎには注意しましょう。

鼻炎 上咽頭炎 後鼻漏電 口臭の治し方(症状 原因 治療法) 体質改善編 サプリ 漢方 薬 冷え性改善 運動など
後鼻漏とは、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れ、口の中や胃が気持ち悪くなる症状です。 後鼻漏によって舌苔がついたり、口臭が発生したりします。...