鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎は姿勢の悪さ(ストレートネックや猫背)で悪化?血流が悪くなる?背筋で改善

皆さんは普段、姿勢良く過ごしていますか?

背中が丸まって、顔が前に出て、猫背で過ごしていると様々なデメリットがあります。
呼吸が浅くなったり、胃下垂になったり、脳への血流が減ったりして、自律神経がおかしくなったりします。

その中の一つに、アレルギー性鼻炎上咽頭炎後鼻漏の悪化などがあります。
それらが悪化すると必然的に口臭も出てくるので、姿勢が悪い=口臭が出やすいとも言えるかもしれません。

この記事では、鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎は姿勢の悪さ(ストレートネックや猫背)で悪化することについて書いていきます。

猫背のデメリット

猫背で過ごしていると、心や体に様々な悪影響が出てきます。
以下に箇条書きにします。

  • 呼吸が浅くなる
  • 自律神経が乱れる
  • 胃下垂になる
  • 胃腸の働きが悪くなる
  • 顔が大きく見える
  • 見た目が悪い
  • 頭が重くなる
  • 鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏が悪化する

ざっと挙げただけでもこれだけあります。
私はデスクワークで、作業に集中するとどうしても猫背になることが多いです。。
猫背の状態でずっといると、明らかに頭(特に後頭部)が重くなり、血管がつまったような感じが出てきます。

ストレートネックに関しても同様です。
ストレートネックは、猫背などによって、頚椎の正常なカーブがなくなっている状態です。

猫背で胃下垂になる?悪化する?

首のあたりが痛くなりますし、みぞおちあたりがすかすかになってる感じがします。
もともと腹筋が弱く胃下垂気味なのですが、猫背になることで更に腹筋の支えが弱まり、胃下垂がひどくなるようです。

猫背も上述のようにデメリットだらけですが、胃下垂も様々なデメリットがあります。

鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎は胃下垂が原因?陰性体質、栄養不足、水毒になる?
私は中学生の頃から痩せ型で色白で、筋肉があまりついていません。 そのせいで胃下垂の状態になっていて、食べても食べても太りません。 食...

胃下垂になり、胃の働きが弱まり、栄養を十分に吸収できず栄養不足になると、鼻炎や上咽頭炎も悪化します。

さらに胃下垂の大きなデメリットとして、自律神経の乱れがあります。
そもそも猫背で首の角度が曲がっているだけでも自律神経に悪影響です。

猫背+胃下垂は相当に自律神経に悪い状態なので、早急に改善することをおすすめします。

猫背の治療法

猫背を手っ取り早く治療する方法は背筋です。
毎日朝晩、背筋を50~80回やっていれば、姿勢を良く保つための筋肉が鍛えられ自然と猫背は治るようです。

私は胃下垂を治すために腹筋をしていますが、腹筋のし過ぎは猫背を悪化させるので注意しましょう。
腹筋がしっかりついていて、なおかつそれと同じくらい背筋がついていて、腹筋と背筋のバランスが取れている状態が理想です。

または、猫背矯正ベルトを使う手もあります。
しかし、窮屈で、結構も悪くなりますし、付ける手間もかかります。
対症療法に近いと思います。

私としては、多少しんどくても背筋をしっかりとやって、自分の筋肉で良い姿勢を保つのが良いと思います。

まとめ

まとめると、猫背は様々なデメリットがあり、主に自律神経に悪影響で、胃下垂も併発しやすいです。
胃下垂がとにかく厄介で、鼻炎や後鼻漏だけでなく体全体に不調が出ます。

猫背やストレートネックは癖になってしまうとなかなか治しづらいですが、筋肉を鍛えることで改善していきます。

こういった、一件鼻炎や後鼻漏に関係なさそうな癖でも、間接的に悪影響を与えていることが多いです。
症状だけ見ず体全体を見て、体質改善をして治していくことをおすすめします。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏電、口臭の治し方(症状、原因、治療法) 体質改善編 サプリ、漢方、薬、冷え性改善、運動など
後鼻漏とは、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れ、口の中や胃が気持ち悪くなる症状です。 後鼻漏によって舌苔がついたり、口臭が発生したりします。...