鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎 口臭と口呼吸や低位舌の関係 口や鼻が乾燥する?テープを貼って寝よう

鼻炎後鼻漏上咽頭炎を患っている人はもちろん、そうでない人も、口呼吸をするとあらゆるデメリットがあります。
低位舌という、舌が上顎に付かず、位置が下がった状態も、悪い影響がたくさんあります。

この記事では、鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎、口臭と口呼吸や低位舌の関係について書いていきます。

口呼吸とは?デメリットなど

口呼吸とはその名の通り、鼻ではなく口から息を吸ったり吐いたりすることです。
口は本来、喋ったりものを食べたりする機関であり、息を吸う事にはあまり適していません。
そのため、口呼吸をすると様々なデメリットや悪影響があり、メリットはほとんどありません。

息を吸う事に適しているのは鼻です。
鼻には鼻毛や、長い空洞もあり、吸った空気の中の細菌をフィルタリングしたり、乾いた空気を湿らせてから肺に送り込む機能があります。
口にはフィルターもなく、長い空洞もないので、空気中の細菌やウィルスを除去できないまま吸い込んでしまい、風邪やインフルエンザにかかる危険性が上がります。

口呼吸のデメリットは様々あります。

  • 風邪・インフルエンザにかかりやすくなる
  • 鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏が悪化する
  • 口の中が乾いて口臭の原因になる
  • 喉が痛くなる
  • 歯並びや顔の輪郭が悪くなる、表情がだらしなくなる
  • いびきをかいてしまう
  • 虫歯や歯周病になりやすくなる

この他にもあると思います。
とにかく口呼吸はデメリットだらけです。

鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎、口臭は口呼吸で悪化する?

口呼吸をすることで口の中が乾燥し、乾燥すると、口臭の原因である細菌が繁殖するので、口呼吸で口臭が悪化するのは間違いありません。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏が悪化するのかどうかについてですが、おそらく悪化します。
口の中が細菌だらけになることで、上咽頭や鼻腔にも少なからず影響があるようです。
それによって鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏が悪化します。

ただ、鼻づまりがひどいと口呼吸をせざるを得なくなります。
私は、どうしても鼻呼吸をしなきゃと思い、血管収縮剤入りの点鼻薬を使いまくって鼻づまりを治そうとして、上咽頭炎・後鼻漏になりました。
点鼻薬を使いまくって鼻づまりを治すくらいなら、一時的に口呼吸をしたほうがまだましだと思います。

上咽頭炎 後鼻漏の原因は遺伝?点鼻薬(血管収縮剤入り)の使いすぎ?
私は数年前から、後鼻漏に悩まされています。 後鼻漏とは、何らかの理由で、通常は鼻から出る鼻水が、喉に流れてしまう症状のことです。 健...

口呼吸の治し方は?寝るとき口にテーピングテープ

口呼吸の治し方ですが、日中生活している時に、鼻づまりでもないのに口呼吸をしてしまう場合は、ただの癖なので、とにかく意識して鼻で呼吸するようにしましょう。
鼻づまりのせいで口呼吸をせざるを得ない場合は、まず鼻づまりを治しましょう。
点鼻薬を使う以外の方法で治すことをおすすめします。

鼻づまり解消法 くしゃみで治る?中耳炎になる危険性あり!
小学生の頃、風邪をひいて鼻づまりがひどく、鼻呼吸ができなくてつらかった時がありました。 くしゃみの勢いで鼻をかめば、詰まっている鼻水が...

問題は、寝ている時の口呼吸です。
私は鼻が詰まっているわけでもないのに、寝ている時は気が緩んで、口周辺が脱力してしまって口呼吸をしてしまうことがあります。

私はそれをを完全に防止するために、昔、口にテープを貼って寝ていました。

普通のセロハンテープではなく、肌に張るためのテーピングテープです。
普通のセロハンテープやガムテープだと、湿り始めて朝型にはとれているのですが、テーピングテープなら全くとれないし剥がすときも痛くありません。

口にテープを貼る際は、口呼吸防止専用のものは高いので、ニチバンの幅が狭いテーピングテープをおすすめします。

しかし、口にテープを貼って寝るのは、テープを切る手間、買う手間、起きてから剥がすときの手間など色々あるので、依存しすぎないようにしましょう。
できれば、意識して、寝てる間にもしっかり口を閉じて口呼吸しないようにするのが一番です。

低位舌とは?デメリットと治し方など

口呼吸よりはましですが、低位舌というよくないくせもあります。
低位舌とは、舌の先の位置が低く、下の前歯の裏側を押している状態です。

舌の正しい位置は、舌の先が上の前歯のすぐ後ろに位置し、舌の広い部分が上あごの口蓋(天井の部分)に軽く付いている状態です。

低位舌の悪影響は、口呼吸の悪影響とほとんど同じです。
低位舌の状態だと、常に前歯が押されて、出っ歯になったりします。
口腔乾燥症(ドライマウス)になり、かぜをひきやすくなったり、肩、首のうしろがこりやすくなったりします。
口呼吸と同じく、口の中に雑菌が繁殖して口臭の原因になり、鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏も悪化します。

治し方としては、とにかく意識することや、舌の体操をすることです。

「べろはたから(ベロは宝)」
この言葉を1日20回繰り返します。
(声は出しても出さなくてもOKです)

「べ」は思いっきり舌を真下に突き出して発音してください。
出したり戻したりすることで、舌の位置を高く持ちあげる筋肉を鍛えられます。

「ろ」と「ら」は舌をなめらかに動かすための訓練。

「た」と「か」は舌先そして舌の奥を強く上あごに押しつけて発音するため、食べ物をのどの奥に送る筋肉を鍛えます。

ただし、人と会っているときや話す時などに、常に口を閉じて舌をぴっちりと上顎につけていると、その間に臭気ガスが口の中に溜まります。
人と会っている時は定期的に口を開け、口呼吸をするのではなく、酸素を口腔内に取り込んで、臭気ガスがたまらないようにしましょう。

まとめ

鼻炎や後鼻漏でない人にとっても、口呼吸や低位舌は害です。
自分が口呼吸や低位舌であると気づいたら、一刻も早く改善しましょう。

猫背やストレートネックなどの姿勢の悪さも、口呼吸や低位舌の原因なので、改善しましょう。

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎は姿勢の悪さ(ストレートネックや猫背)で悪化?血流が悪くなる?背筋で改善
皆さんは普段、姿勢良く過ごしていますか? 背中が丸まって、顔が前に出て、猫背で過ごしていると様々なデメリットがあります。 呼吸が浅く...