鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎と水毒症状の関係 冷たい水やジュースの飲み過ぎで悪化する?

以前、水を多く取れば上咽頭炎・後鼻漏は改善するのかという実験をしましたが、逆効果でした。

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎は水分取りすぎで悪化する?逆に口が乾燥する?
夏になり、後鼻漏がましになるかと思いきや、あまりましにはなっていません。 相変わらず鼻水が喉に流れてうっとうしいので、水分を多めに取る...

その後、鼻炎や後鼻漏には、冷え症、陰性体質が原因にあるとわかってから、もう一度自分が飲むものを見直しました。
冷たい飲み物を避け、白湯を飲んだり、体を温める漢方を飲んだりしてみると、後鼻漏や、口の中の気持ち悪さが改善されました。
やはり、東洋医学で言うところの水毒が関係していたようです。

この記事では、鼻炎や後鼻漏と水毒の関係について書いていきます。

はじめに 私の鼻炎と後鼻漏の症状

私が後鼻漏で流れる鼻水は無色透明で、蓄膿症のような黄色い鼻水ではありません。
通年性アレルギー性鼻炎による上咽頭炎が主な原因です。
冬場や花粉症の季節に特にひどくなります。

他にも、冷え症、体や胃の余分な水分が上咽頭炎から鼻水となって出てきている可能性が高いと思われます。
東洋医学で言うところの極陰性体質なので、鼻水が無色透明なのだと思います。
(陽性体質の人は有色であることが多いようです。)

鼻炎や後鼻漏に水分のとりすぎは逆効果!水毒の症状とは?

「後鼻漏で口の中が気持ち悪いから」
という理由でがぶがぶと冷水や常温の水を飲むと、飲んだ瞬間は若干すっきりするものの、すぐに余計に後鼻漏がひどくなって気持ち悪くなります。
お酒を飲んだ翌日や、二日酔いの時には大量に水を飲みたくなりますが、その時も同様です。

これを東洋医学では水毒と呼ぶそうです
水毒の症状には、水分のとりすぎで、体が水分を持て余し、それを排出しようと、自分の体の一番弱い部分から出るというものです。
私の場合は、それが上咽頭だったのでしょう。

水毒の症状は他にも、手足のむくみ、腹痛、下痢、だるさ、舌が白くなる、食欲がなくなる、など色々あります。

冷たい水やジュースは胃腸が冷える!

特に冷水は、胃をはじめとする内臓が冷え、体全体が冷えます。
体が冷えると、体質が陰性になり、冷え性を引き起こします。
冷え性(陰性体質)は後鼻漏や鼻炎を悪化させます。

冷水を飲むことで体に水が溜まるわけですが、後鼻漏は、胃腸の余分な水分が、鼻や上咽頭から排出されたものと捉えられているので、その点でもよくありません。

つまり冷水の摂取は、胃腸や体が冷え、余分な水も溜まるので、鼻炎や後鼻漏をかなり悪化させることになります。

夏場はどんな人でも陽性体質に傾くので、冷水を飲みたくなる傾向があります。
飲んでも影響は顕著には出ないかもしれませんが、やはり適量が良いと思います。

特に、冬場に冷水をがぶ飲みするのはやめたほうがいいかと思います。

季節に限らず、食事の後などにも、水分はとりすぎないほうが良いでしょう。
塩辛い食事をすると水が欲しくなりますが、そこで水をがぶ飲みすると水毒になります。
塩辛い食事が体に悪いと言われるのはそういうところにも関係しているようです。

ちなみに冷たい炭酸ジュースなどは冷水よりも更に悪影響です。
砂糖が大量に入っており、砂糖は極陰性の食品のため、体を強烈に冷やすからです。

まとめ

上述のように水の飲み過ぎ、特に冷水の摂りすぎは、鼻炎や後鼻漏に限らず体に悪いです。
冷えは万病の元ともいいます。

人によって症状や体質は違うので、一概には言えませんが、少なくとも
「冷水をがぶ飲みすれば体にいい!」
ということはありえないはずです。

もちろん、火照りは火照りでデメリットが多いのですが、こと鼻炎や後鼻漏に関してはやはり冷えが問題です。

普段から水を飲みすぎている人、冷たい飲み物を摂りすぎている人は、見直してみるといいかもしれません。

次の記事

鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎の水分補給は白湯がおすすめ!利尿作用で水分代謝も改善
上咽頭炎、後鼻漏、鼻炎の原因の一つに水毒があるとこの記事で書きました。 常温の水はもちろん、冷水やジュースの摂取は、内臓(特に胃...

コメント

  1. みあ より:

     私も7ヶ月前より、後鼻漏が続いてます。副鼻腔炎や蓄膿症はないです。

     発症まで、アイスや清涼飲料水をたくさん摂ってました。

     漢方の先生に相談すると、「冷たい水分とお砂糖が原因、口にするものはとにかくホットで」と言われ、やっぱり冷えが原因みたいです。

     胃腸が冷えで動き辛くなる、とも聞きました。
     とにかく温め、ですね。

    • 後鼻郎 より:

      冷え、冷え性、陰性体質はかなり重要なポイントだと思います。
      冷水や砂糖は、東洋医学的には体を冷やす(陰性にする)ものらしいので、上咽頭炎・後鼻漏にはよくないですね。

      ただ、つい最近思ったのは、冷えを完全に改善すれば(陽性体質にすれば)上咽頭炎・後鼻漏・アレルギー性鼻炎が完治する、とは言えないということです。
      体質を変えるという、東洋医学的アプローチと、患部に直接、塩化亜鉛を塗布するような西洋医学的治療、どちらも継続したほうがやはり効果は大きいようです。