鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎による口臭にフリスクやミンティアの効果、効能、副作用は?人工甘味料の発がん性が危険?

以前、鼻炎後鼻漏による口臭を消す方法として、ガムを噛むことを紹介しました。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏による口臭にガムを噛む効果、効能、副作用は?人工甘味料のデメリットで悪化?
鼻炎や後鼻漏による口臭に限らず、メジャーな口臭対策として、ガムを噛むことがよく挙げられます。 ガムを噛む事を、口臭の治療法とするのなら、対...

似た方法として、フリスクを舐めるという方法があります。
フリスクはガムよりもさらに、ブレスケア的な用途で使う人が多い気がします。

自分もつい最近まで、人と会うとき、至近距離で話す時はフリスク(クリーンブレス ストロングミント)を頻繁に舐めていました。
でも、体質改善によって後鼻漏やそれに伴う口臭が改善されてからは、何も口に入れていません。

鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎が治りました ほぼ完治(根治) 色々な治療法を実践して3年目の近況 恋人とキスもできる!
私は6年前に、風邪の鼻づまりを治すために血管収縮剤入りの点鼻薬を打ちすぎて、上咽頭炎と後鼻漏を患いました。 それから今まで、耳鼻...

それでも、フリスクはガムより即効性があり、消臭力も強かったので、この記事で紹介していきます。

フリスクはガムより消臭力があり、溶け終わるまで強い効果が続く

ガム(特に口臭対策を謳っているクロレッツなど)は、噛んだ瞬間に強力なミントが口の中に広がり、口臭をかき消したり誤魔化したりしてくれます。
その効果は、噛んだ瞬間から徐々に下がっていき、5~10分でなくなります。
そして、味がなくなっても噛み続けると、自分の場合は口の中が余計に気持ち悪くなることが多いです。

フリスクは、個人的にはガムよりも消臭効果が強いように感じます。
ガムは周りがコーティングされていますが、フリスクは何もコーティングされていません。

フリスクを口に入れて舐め、舌の上で転がすと、ガムよりも素早く味が染み、消臭効果をもたらしてくれます。
しかもフリスクは、口に入れた瞬間から溶けて消えるまで、消臭効果はほぼ一定な気がします。

そういう意味でも、ガムよりフリスクのほうが消臭効果は優れていると言えそうです。

舐めた後、歯がざらつき、余計に口臭が出る?

しかしフリスクも、ガムと同じように、ずっと舐めていたり、何個も舐めていると、口の中が気持ち悪くなります。
具体的には、歯がざらついたり、噛む前よりも更に舌苔がついたりします。
自分はそれがいやで、フリスクを舐めるのはやめてしまいました。

口臭を気にして、フリスクを舐めれば舐めるほどひどくなっていき、依存症のようになるのも怖かったです。
それなら最初から何も口に入れなくても口臭が出ないようにしようと思い、体質改善を頑張ることにしました。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏電、口臭の治し方(症状、原因、治療法) 体質改善編 サプリ、漢方、薬、冷え性改善、運動など
後鼻漏とは、鼻水が鼻の穴から出ずに喉に流れ、口の中や胃が気持ち悪くなる症状です。 後鼻漏によって舌苔がついたり、口臭が発生したりします。...

結果、フリスクを舐めなくても口臭が出なくなったので満足しています。
ガムもフリスクも、依存すればするほど余計に口臭がひどくなる、というのは怖いです。

フリスクを食べる手間と費用

フリスクはガムと違って吐き出す必要がないので、その点では楽です。
費用もそこまで高くはありません。
なにより、ボトルガムより持ち運びやすいのが良いと思います。

フリスクに含まれる人工甘味料の危険性

フリスクにも、ガムと同じように人工甘味料が多量に含まれています。

フリスククリーンブレスの成分
内容量 35g
原材料 甘味料(ソルビトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、ネオテーム、スクラロース)、香料、ショ糖エステル、緑茶抽出物、着色料(植物炭末色素、青色1号)
原産国 オランダ

甘味料のカッコの中に記されているものは、すべて人工甘味料のようです。
清涼飲料水などでもよく使われるのはアセスルファムK、スクラロース、アスパルテームあたりでしょうか。
フリスクはガムよりも多くの人工甘味料が使われているようです。

人工甘味料カロリーゼロである代わりに、腎臓や肝臓への負担が大きく、肝機能障害を示す数値であるGTPも上がります。

そして、ガムの記事で書いたように、人工甘味料には間違いなく発がん性があります。
どれくらいの量を、どれくらいの期間摂取し続ければ、どこに発がんするのか、など詳しいことまでは不明です。

しかし、やはり摂らないに越したことはないと思います。

砂糖は体を冷やすので内臓に悪く、もちろん鼻炎や口臭にも良くないです。
人工甘味料に糖分はありませんが、おそらく体を温めるか冷やすかで言ったら冷やす方でしょう。

だとすると、フリスクやガムを摂れば摂るほど口臭が悪化するのも納得できます。

人工甘味料に関してはこの記事をご覧ください。

鼻炎、後鼻漏、上咽頭炎、口臭に人工甘味料入りの食品は危険?発がん性や味、悪酔い(頭痛)など
私は今まで、後鼻漏による口臭を気にして、対症療法としてガムやフリスクを利用してきました。 最近、体質改善を続けたおかげで、...

口臭対策におすすめはフリスク クリーンブレス ストロングミント

そんなフリスクですが、口臭に即効性があるのは確かです。
どうしてもというとき、ここぞという時に数粒飲むくらいなら何の問題もないと思います。

フリスクにもいろいろ種類がありますが、自分はフリスク クリーンブレス ストロングミントがおすすめです。
最も強力に口臭を消してくれる実感がありました。

ただのクリーンブレスもありますが、やはりストロングミントとついているほうがおすすめです。
クリーンブレスでない、普通のラズベリー味などのフリスクは、口臭を消す効果はほぼないので、お菓子のような感じのようです。

ちなみに記事のタイトルでは、フリスクだけでなくミンティアとも書いていますが、ほぼ同じものとして扱っています。
ミンティアの場合は、ブリーズという名前のものがいいようです。

まとめ

ガムもフリスクも、あくまで対症療法なので、デメリットを踏まえた上で正しく使いましょう。
基本的には、鼻炎も後鼻漏も口臭も、体質改善をして、体質ごと変えないと根本的には治らないと思います。

効果のあった体質改善法をランキング形式で10個紹介した記事があるので読んでみてください。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏電、口臭の治し方 効果があった治療法ランキング ベスト10
鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏、口臭の治し方を、体質改善と対症療法の大きく二つに分けて、以下の記事ですべて紹介しました。 あまりに...

自分は体質改善によって、至近距離で話すときでもガムやフリスクを必要としないくらいまで改善しました。
人工甘味料はどうしても避けたいという気持ちもあるので、今後もガムやフリスクが必要にならないように、体質をコントロールしていきたいです。

対症療法的な治療法の一覧はこちら。

鼻炎、上咽頭炎、後鼻漏電、口臭の治し方(症状、原因、治療法) 対症療法編 Bスポット治療、鼻うがい、ミスト吸入など
前回の記事では、薬やサプリや漢方、運動や食生活などによる体質改善法を紹介しました。 後鼻漏の症状と原因などのあらましについても、その記事を...