ノンパースA(葛根湯加辛夷川キュウ)という漢方薬の上咽頭炎 後鼻漏 鼻炎への効果は?加川芎辛夷との違いは?

私の鼻炎や後鼻漏は、冷え性であることが大きな原因と考えています。

アレルギー性鼻炎 後鼻漏 上咽頭炎は冷え性(陰性体質)が原因?
上咽頭炎、後鼻漏、アレルギー性鼻炎の原因は色々考えられますが、その中に冷え性があります。 東洋医学で言うところの陰性体質です。 逆が...

最近は、体を冷やさないため、特に内臓を冷やさないために、体を冷やす食品を避け、白湯を飲んだりしています。

なおかつ、体の冷えが原因のアレルギー性鼻炎や鼻づまりに効果があるという漢方薬も飲み始めました。
ノンパースA(葛根湯加辛夷川キュウ(葛根湯加川芎辛夷))というものです。

この記事では、ノンパースA(葛根湯加辛夷川キュウ(葛根湯加川芎辛夷))の上咽頭炎、後鼻漏、アレルギー性鼻炎への効果について書いていきます。

結論から言うと、効果はほぼありませんでした。

ノンパースA 商品説明

商品区分:第2類医薬品
内容量・入数:350錠
製造元:一元製薬

商品の特徴
「一元 ノンパースA (葛根湯加辛夷川キュウ) 350錠」は、急性鼻炎、慢性鼻カタル、蓄膿症の鼻炎薬です。医薬品。

ご使用方法
大人:1日3回 1回4-6錠
7-13才迄:1日3回 1回2-3錠
食前1時間又は空腹時服用

成分・原材料名
(本品100錠中) 日局 ショウキョウ末:2.8g 日局 ケイヒ末:2.1g 日局 シャクヤク末:2.1g 日局 カンゾウ末:1.5g 日局 センキュウ末:2.1g 別紙規格(1)カッコン末:5.6g別紙規格(2)マオウ末:2.8g別紙規格(3)辛夷末:3.5g自社製別紙規格水製エキス:2.5g

大人は1日3回、1回4~6錠服用。
350錠入りなので、1回5錠を3回、毎日15錠飲むとすると、23日分です。
毎日12錠なら、29日です。

葛根湯加川芎辛夷 と 葛根湯加辛夷川芎 は同じもの?

ノンパースAは葛根湯加辛夷川キュウという漢方の錠剤です。
本来は葛根湯加川芎辛夷という名称のようですが、字の並びが変わっています。
問い合わせたところ、二つに違いはなく、同じもののようです。

花粉症の際、医療機関でよく処方される葛根湯加辛夷川芎や小青竜湯は、本来「寒さが原因のかぜの初期」に用いるお薬です。これらは邪気(寒邪)を発汗で取り除くもので、もともと長期連用するものではありません!!!

こういった情報もありましたので、参考にしてみてください。

効果はほとんどなし

1ヶ月かけて飲んでみましたが、正直なところ、効果があるのかほとんどわかりませんでした。
漢方はゆっくりと体質を変えていくものですが、1ヶ月では体質が変わらなかったということでしょうか?

とりあえず、葛根湯とついているだけに、体を温める効果はあるようです。
手足の冷えがほんの少しましになった感じはありました。
もちろん、勘違いの可能性や、単に気候が暖かくなったから、という可能性もあります。

これを飲み続けても、後鼻漏はひどいときはかなりひどかったです。
でも、口の中の気持ち悪さが軽減されてるいる感じがしたのは、この漢方のおかげでしょうか。
※陽性体質になると、舌が赤くなり(陰性体質は舌が白い)、口の中が暖かくなって口臭が減るようです

この漢方を飲む以外にも、酒やジュースなどの冷たい飲み物を避け体を温めるようにしてるので、それのおかげかもしれません。
少なくともこの漢方を飲んでも、鼻づまりは改善されませんでした。

花粉症が少しましになった?

自分は3月半ばから花粉症が始まりました。
この漢方のおかげで、今年はましかなと思ったら、単に本格的に始まっていないだけでした。
花粉症への効果も期待できなさそうです。

この漢方を飲むのはやめて、しょうがサプリを飲み始め、山本漢方なた豆サプリも再開しました。

漢方は1日3回、空腹時に飲むのが面倒

漢方はあまり買わないのですが、この漢方は錠剤タイプで飲むのが楽そうなので買いました。
前に買った藿香正気散という漢方は粉タイプだったので、飲むのが面倒でした。

今回の漢方の面倒なところは、1日3回、空腹時に飲まないといけないということです。
食前1時間前に服用、と書いてあります。

これがけっこう面倒です。
食後だったら、水を飲むついでに忘れずに飲めるのですが、食前や空腹時となると、忘れがちになります。
気づいたら飲むのですが、だいたい、飲んで1時間以内にご飯を食べたくなります。

結局、他のサプリと同じように食後に飲むことが多かったのですが、それも効果があまり出なかった原因かもsりえません。

私の体の弱点は上咽頭

冷えによるアレルギー性鼻炎、鼻づまり、後鼻漏、蓄膿症に効果があると言われているこの漢方ですが、上述のように、効果はなさそうでした。

私は年中軽いアレルギー性鼻炎で、それによって軽い鼻づまりがあり、多少~けっこうな上咽頭炎・後鼻漏です。
ひどいときはひどいので、ほんとに、体質を変えて完全に直してしまいたいです。

東洋医学では、上咽頭炎・後鼻漏は、胃の不調と直結しているとされているようなので、エビオス錠もしっかり毎日30錠飲んでいます。
胃の不調や体の冷えや水毒が、体の一番弱い部分から出るそうです。
そういう意味でも私の体で一番弱い部分は上咽頭なのでしょう。

まとめ

もう何年もこの体質や上咽頭炎や後鼻漏をなんとかしたいと思っていて、あらゆることを試しています。
最近は、漢方やサプリをいろいろと試しています。

アストリンゴゾールによるセルフBスポはやめてしまいました。
別の漢方も多分食前服用で、1ヶ月位続けないといけないだろうし、高いし、まだ飲んでいません。

とりあえずしょうがサプリは買ったので、飲んでみます。

今回紹介したノンパースA(葛根湯加辛夷川キュウ,葛根湯加川芎辛夷)の購入はこちら↓

次の記事

しょうがサプリ(オーガランド)の上咽頭炎 後鼻漏 鼻炎への効果は?体が温まる 陽性体質になる?
私は後鼻漏持ちで、陰性体質(痩せ方、冷え性、舌が白い、後鼻漏の鼻水が無色透明)なので、陽性体質になることを目指しています。 今回...